一般治療 | オーブデンタルクリニック - 地下鉄白石駅そばの歯科 インプラント・審美歯科・小児歯科も対応

オーブデンタルクリニック

一般治療 オーブデンタルクリニックの一般治療について

現在位置
Home >一般治療

一般治療とは

主に健康保険内の治療全般を言います。当院では特に以下の歯周治療(歯ぐきと骨の治療)と根管治療(根の治療)をしっかり行うことが大切だと考えております。

歯周治療(歯ぐきと骨の治療)
歯を残すために最も大切なことは土台となる骨(歯槽骨) を十分残すあるいは増やす(造成)することです。そのためにはまずハブラシの仕方を練習していただき、歯の周りの浅い所についた歯石や歯垢(プラーク)をとり、周りの歯ぐきの腫れを小さくします。 それでもまだ炎症があれば3ミリくらいの深さの歯周ポケット内の歯石や炎症物質を取っていきます。その結果まだ炎症がある場合歯ぐきを切開、剥離し取り得る限りの炎症物質、歯石などを取り除く歯周外科を行います。
動揺が強い場合はボンドやワイヤーで固定します。炎症のコントロールには噛みあわせ調整が必要な場合もあります。
また、場合によっては遮蔽膜(バリアメンブレン)やエムドゲイン(骨再生を促す薬剤)、人工骨、自家骨を併用する場合もあります。
治療終了後3~6ヶ月ごとに定期検診(メンテナンス)に来院していただき安定したお口の状態を維持していただくことが最も大切です。
根管治療(根の治療)
虫歯が深く神経まで細菌感染が進んでしまった場合神経を取ってお薬でお薬を入れる治療が必要になります。この治療は直接見えない所を手探りで行うもので根の形態や場所によってかなり時間や回数がかかる場合があります。
また、あまり説明を受けたことがないと思いますが、根管治療後場合により元々の状態と変わった感じが残る場合があります。これはどんなにしっかり私たちが治療できたと思っても、こうした症状が出る場合がわずかではありますがございます。 不快感の強い場合は、外科的根管治療である再植(一旦抜歯してお口の外で根の治療をして元の所に戻す治療)、歯根端切除(根の先に相当する部分の歯肉を切開し根の先の感染部分を切除して縫合する処置)、移植(悪くなった歯を抜歯し親不知などを抜いたところに植える処置)などの処置を行うことができます。 そして、根管治療を行った歯の場合はその後2次感染を防ぐために、一部を詰めるのではなく全体を適合が良く適度な噛みあわせのできる物で被せた方が長くお使いいただけると思います。
再植 術前
再植前
再植 術後
再植後
歯根端切除 術前
歯根端切除前
歯根端切除 術後
歯根端切除後

page top